キャリアの概念

皆さんは、「キャリア」と聞くと、どんなイメージを持つでしょうか?

仕事や会社、昇格昇進と結びつく方が多いと思うのですが、今やキャリアは、プライベートと仕事両方を含んだ概念になっているのです。

プライベートと仕事は切っても切り離せない密接したものになっています。

以前の話になりますが、今の仕事のために新たな資格取得希望の30代の女性でした。

自己理解を深めるツールである『ジョブ・カード』を事前に作成いただき、なぜ資格をとりたいと思ったか、資格取得後どのように活用したいのか等をお話いただいていました。『ジョブ・カード』の内容とご本人の話ぶりから、自身のキャリアについて前向きに考えており、自分に自信をもって仕事をされていると思っていました。

「最後に言い残したことはありませんか?」と聞くと、「自分に部下がついてこないことが心配です。」と、今までと違う小声で・・・・・。

詳しくお話を聞いていくと、部下との軋轢があるのではなく、「自分と部下の価値観に大きな違いがある。」と感じているとのこと。20代の部下と話をすると、仕事への価値観、働き方へのスタンス、プライベートタイムへの向き合い方が大きく自分と違う。特に、プライベートタイムへの向き合い方について、大きなギャップを感じ悩んでいる。」とのことでした。

「自分としては、将来的には結婚の希望はあるが、仕事が優先になってしまい恋愛ができない。でも、若い人たちは、適度に仕事をこなし、プライベートも自己啓発に励んだり、結婚もしている。どうして私はできなんだろう?」と悩んでいるとのことでした。

実は、私も30代の会社員時代には同じ悩みがあったのです。

その悩みに対し、すごく共感できました。彼女の一番の悩みはこれだったのです。「誰かに聞いて欲しい!と、ずっと思っており、キャリアの話じゃないと思っていたそうです。

冒頭に説明したようにキャリアの定義についてお話させて頂くことで、この女性の方とゆっくりキャリアについて、悩んでいることのお話をすることができました。

最後には「話ができて心がすっきりしました。今から新しい気持ちで仕事とプライベートを過ごせそうです」と言って笑顔で帰って行かれました。

キャリアコンサルティングと聞くと、仕事上の相談とイメージする方が多いと思いますが、仕事とプライベートを切り離すことができないのが現代の働き方です。個人の働き方の価値観も多様化していますが、社会がそれについて行っていない現状もあります。聞いて欲しいことがあれば、仕事・プライベートに関わらず、キャリアコンサルティングを受けて心の整理をしてみるのもお勧めです。

寄稿先

訓練受講希望者に対するジョブ・カード作成支援推進事業(北海道)

https://ameblo.jp/hokkaidou-jobcard/entry-12692517196.html

Follow me!